JUERGEN TELLER×CINDY SHERMAN×MARC JACOBS

新しい本のご紹介!!!

JUERGEN TELLER

CINDY SHERMAN

MARC JACOBS

nsts-01532-2.jpg

シンディ・シャーマン;アメリカ出身の写真家、映画監督。

セルフポートレイトのシリーズで名を馳せる、現代アメリカで最も有名な写真家の一人。

日本では同じくセルフポートレイトを制作している写真家、美術家の森村泰昌と比べられることが多く、森村本人も著書で自分との比較研究を論じている。

ユルゲン・テラー;ドイツ出身のファッション写真家。数多くのブランドを手がけている。

マーク・ジェイコブス;アメリカ出身のファッションデザイナー。ブランドには「マーク・ジェイコブス」とセカンドライン「マーク・バイ・マークジェイコブス」がある。

表紙でわかる通り、シャーマンとテラーがマーク・ジェイコブスの服を着てセルフで撮っている、というだけのいたってシンプルな写真集(メンツを考えれば恐ろしく豪華なのだが)。

全ての写真が白バックにストロボをきつくあてて撮影している。

ジェイコブスの柔らかで暖かみのある服が、二人の悪趣味かつハイセンスな変装と表情とポーズで、コレクションや店先のそれとはひと味違って感じられる。

二人が演じているのは家族のように見えるが、どこか崩壊した要素を含んでいるようで、そのズレが小気味好いリズムを写真に与えている。

シャーマンの最新作としては未だ知らない人も多い本作、まだ見ていない人は是非。暫く人間になっていなかったシャーマンが、また女優に返り咲いた姿はそれだけで貴重。

nsts-01532-6.jpg

nsts-01532-5.jpg

Recent Posts